税金・知識

バイナリーオプションにかかる税金や税率について徹底解説!

バイナリーオプション稼ぎ始めると不安になるのが「税金がいくら発生するのか」という事ですよね。会社からの給料とは違うので自分で確定申告を行う必要があります。

確定申告をしないと脱税と見なされ追徴課税や延滞税などが課税され、必要以上に税金を払わなくてはいけなくなるかもしれません。そういった事態は避けたいですよね。

今回はそんな税金に関する不安を解消して安心して投資に集中できるよう、バイナリーオプションの利益にかかる税金について分かりやすく説明していきたいと思います。

バイナリーオプションで税金が発生するタイミング

バイナリーオプションで発生する税金は1年間の取引結果の損益総額で決まります。入出金を行った金額に対して課税される事はありませんのでご安心下さい。

ではいくら稼いだら税金が発生するのか。これは20万円以上の利益がでた場合です。
ちなみに専業主婦や専業トレーダー、また無職といった他に利益が無い場合は38万円以上の稼ぎで確定申告が必要となります。

注意したいのが出金額が20万円、あるいは38万円を超えた場合ではありません。

・1年で合計10万円の入金を行う
・結果、投資金が倍の20万円になる
・20万円出金する

この場合は10万円の利益なので確定申告を行う必要はありません。あくまでも利益が20万円を超えたらという事を意識しましょう。

海外バイナリーオプションにかかる税金

海外バイナリーオプション口座の場合は雑所得として扱われ、課税率は所得金額によって異なります。

課税される所得金額 控除額 税率
195万円以下 0円 5%
195万円〜330万円未満 97,500円 10%
330万円〜695万円未満 427,500円 20%
695万円〜900万円未満 636,000円 23%
900万円〜1,800万円未満 1,536,000円 33%
1,800万円〜4,000万円未満 2,796,000円 40%
4000万円~ 4,796,000円 45%

計算方法は以下の通りです。

(所得+取引で得た利益額)×所得合計にかかる課税率ー所得に対する控除額=合計の課税額

となるので所得300万円の方が取引を行い合計の利益が50万円だとします。この場合「課税される所得金額」が330万円を超えるため税率は20%となります。

そのため計算としては以下の通りになります。

(300万+50万)× 20%(税率) – 427,500(控除額) = 272,500円となります。

扶養内の主婦の場合

パートなど扶養内で働いている主婦の場合、給料と利益の合計が103万円以下の場合は確定申告する必要はありません。

それ以上に利益を出していたり、働いている方(旦那さん等)の名義で口座を登録し利益が20万を超えた場合は口座登録に使われた方に課税されてしまうので注意しましょう。

国内バイナリーオプション業者で利益が出た場合

また国内バイナリーオプション業者で利益を上げた際は「申告分離課税」が適用されます。税率は利益に関係なく一律20,315%です。

この内訳は「所得税15%、住民税5%、復興特別所得税0,315%」となります。

先程同様に50万円の利益が出た場合で計算してみます。

50万 × 20,315(%)= 115,750円

となります。利益の5分の1が税金と覚えるのが早いですね。ちなみに国内業者の場合は過去3年までさかのぼって、損失繰越をすることが可能です。

損失繰越というのは過去3年の損益(負け分)を今年の利益から引いて申告出来るというものです。1年目の結果が50万の損益、2年目の結果が50万円の損益、今年は200万円の利益が出た場合、過去3年の損益を合算し+100万円の利益で申告が出来ます。

(-50万 + –50万) + 200万 = 100万円の利益

ですので100万円 × 20,315% =203,150円が納めるべき税額となります。この損失繰越は国内業者で挙げた利益のみで海外バイナリーオプションには無関係の内容になりますので注意しましょう。