税金・知識

バイナリーオプションで稼いだ際の税金や確定申告方法、更に節税方法を徹底解説!

こんにちは真咲です。バイナリーオプションはルールの単純明快さや低資金から始められる事で、初めての投資として手軽にデビューする事が出来ます。ですが稼いだ分には税金が発生します。

では気になるのが「税金はいくら稼いだら発生するのか」という事ですよね。会社員なのか、主婦や無職なのかで変わりますが、バイナリーオプションで20万円~38万円稼ぐと申告する義務が生じます。

また国内バイナリーオプションで稼いだ場合は「申告分離課税」、海外バイナリーオプションで稼いだ場合は「総合課税」と言って支払う税金の種類も異なります。

確定申告を初めて行う方からすると何が何だか分からないと思いますが、ご安心下さい。この記事ではバイナリーオプションで稼いだ際に時発生する税金や確定申告などの不安や、確定申告時に出来る節税方法について解説を行っていきます。

ハイローオーストラリア
公式ページ

目次

なぜ利益を稼いだら確定申告を行わなければいけないのか

バイナリーオプションで確定申告は何故必要?

日本では1年間で得た収入や利益の金額に応じて、納税する義務があります。法律で決まっているため利益を出したら必ず行う必要があります。

会社員の場合は会社で得た給与収入に対し会社側で処理を行ってくれるため、自ら足を運んで確定申告を行う事はありませんが、バイナリーオプションで得た収入に関しては、自分自身で稼いだ利益になるので確定申告を行う必要があります。

勤め先の会社が副業OKというスタイルであれば、会社に申告する事で税理士が代わりにやってくれる場合もあります。

「知らなかった」で無申告の場合は税務署のチェックが入る可能性があるので、必ず申告しましょう。

バイナリーオプションで利益を出したら確定申告が必要です

バイナリーオプションで利益が出てもバレないだろうと思っている場合は早計です。国内外に関わらず、利益が出たらバイナリーオプション業者が税務署に「損益証明書」を届けるので、無申告の場合は必ずバレます。

加えて無申告の場合、税務署からの指摘で本人の申告漏れが発生すると、「追徴課税」を支払わなければなりません。

追徴課税は最大で1.4倍の税金を支払う必要があるので、そうなる前に絶対に申告を行いましょう。

確定申告は毎年2月16日~3月15日に行う

確定申告の時期

では次に確定申告書の提出期間についてです。基本的には毎年2月16日~3月15日までの1か月間となっていて、それぞれの日付が土日祝日と被る場合は、翌月曜日が期限日になります。

確定申告では1月1日~12月31日までの1年間の利益を申告します。ちなみに2020年と2021年度はコロナウイルス感染対策の影響で申告期間が1ヶ月伸びました。

一応、確定申告期間前(2月16日~3月15日)でも税務署への持ち込みや郵送によって提出が出来ます。

またe-Tax(webでの確定申告)上でも1月5日から申告可能ですが、どちらの場合も2月16日までは「税務署が預かっているだけ」という扱いで「受付済」にはならないので、早めに納税しても納税証明書は発行されませんので注意しましょう。

バイナリーオプションではいくら利益を出すと税金が発生する?

いくら稼いだら確定申告を行わなければいけないのか

バイナリーオプションで発生する税金は1年間の取引結果の損益総額で決まります。入出金を行った金額に対して課税される事はありませんのでご安心下さい。

ではいくら稼いだら税金が発生するのか。

確定申告を行う必要がある利益

・20万円以上の利益:会社員やパート・アルバイトをしている方
・38万円以上の利益:専業トレーダーや無職の方、または年収103万円以下

会社員の方やパート・アルバイトで年間103万円以上の給与収入がある場合、1年間で20万円以上の利益が出ると申告の対象となります。

ちなみに専業主婦の方や専業トレーダー、無職といった他に利益が無い場合は38万円以上の稼ぎで確定申告が必要となります。

注意したいのが出金額が20万円、あるいは38万円を超えた場合ではありません。あくまでも利益が20万円を超えたらという事を意識しましょう。

海外と国内バイナリーオプションで税金が異なります

いくら利益を出したら確定申告の必要があるかは先程の項目でお伝えしましたが、確定申告は海外バイナリーオプションで稼いだのか、もしくは国内バイナリーオプションで稼いだのかで税金に違いがあります。

海外と国内での課税の違い

海外:総合課税
国内:申告分離課税

この様に総合課税と申告分離課税の2つに分かれます。内容としては国内の方が若干優遇されています。

次の項目より、海外と国内での税金の違いや計算方法について解説していきますね。

海外バイナリーオプションにかかる税金

海外バイナリーオプション業者で得た利益は「総合課税」に分類されます。総合課税と言うのは、給料等を含めて、自分が得た所得を全て合計して税額を計算する方法の事で、分かりやすい計算方法になります。

自分が得た所得全てに当てはまる所得の種類は以下の通りです。

総合課税

利子所得
配当所得
不動産所得
事業所得
給与所得
譲渡所得
一時所得
雑所得

総合課税の中でも海外バイナリーオプションの場合は「雑所得」として扱われます。「全ての所得の合計」とお伝えしましたが、海外バイナリーオプションだけでなく国内バイナリーオプションも行っていて、両方で利益のある方は少し変わります。

国内バイナリーオプションで稼いだ利益はこの総合課税には含まれません。ですので国内バイナリーオプションの利益以外の合計が総合課税になります。

海外バイナリーオプションの税率計算方法

では海外バイナリーオプションで得た利益は総合課税で計算されるので税額の合計は以下の様になります。

税額合計の計算方法について

税額合計:所得税 + 復興特別所得税 + 住民税

ちなみに所得税や復興特別所得税、住民税の求め方は以下の通りとなります。

所得税・復興特別所得税・住民税の計算方法

所得税:課税される所得金額 × 税率 - 控除額
復興特別所得税:所得税 × 2.1%
住民税:課税される所得金額 × 10% + 均等割(自治体毎に異なる) - 調整控除額

この様になります。ではこれらの求め方について1つずつ解説を行っていきます。

所得税の税率の求め方について

所得税の税率について解説を行います。

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円〜330万円未満 10% 97,500円
330万円〜695万円未満 20% 427,500円
695万円〜900万円未満 23% 636,000円
900万円〜1,800万円未満 33% 1,536,000円
1,800万円〜4,000万円未満 40% 2,796,000円
4000万円~ 45% 4,796,000円

計算方法は以下の通りです。

合計の課税額 = 所得 × 税率 – 所得に対する控除額

「課税される所得額」というのは、給与収入やバイナリーオプションで稼いだ利益、その他収入の合計からバイナリーオプションで取引を行う際に発生した通信費用等の経費を差し引いた合計に「税金」を掛けて、対応する「控除額」を引けば求める事が出来ます。

例えば会社などでの給与所得が300万円あるとします。その方が取引を行い利益が50万円出た場合、合計350万円の所得になるため、税率は20%となります(経費を差し引いて合計が330万円未満になれば税率10%になります)。

そのため計算としては以下の通りです。

(300万+50万)× 20%(税率) – 427,500(控除額) = 272,500円となります。

復興特別所得税の求め方について

次に復興特別所得税について解説を行います。

所得税額 × 2.1%

復興特別所得税は先程の所得税額に2.1%掛けるだけで求める事が出来ます。先程の例で出した、所得税272,500円の方の場合は2.1%を掛けて5,722円が復興特別所得税となります。

住民税の求め方について

最後に住民税の求め方についてです。

所得割(標準税率) 均等割
区市町村民税 6% 3,000円
道府県民税・都民税 4% 1,000円
合計 10% 4,000円

個人住民税の税率は区市町村民税6%、道府県民税・都民税4%で、合計10%となります。均等割とは、所得金額にかかわらず、住民税の課税対象となる人に一律で割り当てられる税額のことです。

所得税の10%が住民税になるので計算しやすいかと思います。

【海外バイナリーオプション】確定申告が不要な場合

海外バイナリーオプションの場合、確定申告が不要な事も

海外バイナリーオプションで利益をあげた際にかかる税金や税率についてお伝えしましたが、全ての人が必ずしも確定申告を行わなければいけないという事はありません。

確定申告が不要な場合

・給与以外の所得が20万円以下の場合
・扶養内の家族で年間所得が38万円以下の場合

この場合確定申告が不要なので先程お伝えした計算は不要という事になります。

給与以外の所得が20万円以下の場合

会社員や契約社員など、源泉徴収を受けている方で年収が2,000万円以下の場合、「雑所得」の合計が20万円以下の時は確定申告が不要です。

雑所得は海外バイナリーオプション等の会社からの給料以外の所得を指すため、何か他にも副業を行っている場合はその副業の所得とも合算での計算となりますので、注意しましょう。

海外バイナリーオプション以外特に副業をやっていなくて、利益も年間で20万円以下の場合は、確定申告が要らないので覚えておいてください。

扶養内の家族で年間所得が38万円以下の場合

主婦の方や学生さんなど、扶養されている人の場合は38万円の基礎控除があります。

ですので収入が海外バイナリーオプションのみで、38万円を超えなければ所得が控除される為、確定申告は不要で税金が発生しません。

ですが38万円を超える収入があった場合は確定申告が必要なだけでなく、扶養からも外れてしまう可能性があるので注意しましょう。

国内バイナリーオプションにかかる税金

次に国内バイナリーオプションで利益を挙げた際について解説を行っていきます。国内バイナリーオプションの利益には「申告分離課税」が適応されます。

この「申告分離課税」は給与や、その他所得とは別に税額を計算する課税方法の事を言います。ですので、会社からの給与や不動産の賃料収入などの収入とは別に計算されるため、普段どれだけ稼いでいようとも税率には影響を受けないのが特徴です。

他の収入とは合算されないため、計算もしやすく分かりやすいですね。

国内バイナリーオプションの税率計算方法

国内バイナリーオプションで得た利益は総合課税で計算されるので、税額の合計は以下の様になります。

税額合計の計算方法について

所得税:15%
住民税:5%
復興特別所得税:0.315%

合計:20.315%(一律)

この様に稼いだ額に関わらず税率は一律20.315%となります。稼いだ額から経費を差し引いて20.315%を掛ければ簡単に金額を求める事が出来ますね。

課税所得:利益 – 経費
税額:課税所得 × 20.315%

この様になります。例として国内バイナリーオプションのみで100万円稼いだ人の計算を行ってみましょう。

国内BOで100万円の利益が出た場合

利益:100万円
経費:PC代(10万円)・通信費(5万円)

100万円(利益) – 15万円(経費)=85万円
85万円 × 20.315% = 172,677円(税額)

となります。国内バイナリーオプションで取引を行った際に発生した通信費や購入したPC代等は海外バイナリーオプションと同様に経費として利益から差し引くことが出来ます。

過去3年をさかのぼって「損失繰越」も可能

ちなみに国内業者の場合は過去3年までさかのぼって、損失繰越をすることが可能です。

損失繰越というのは過去3年の損益(負け分)を今年の利益から引いて申告出来るというものです。

-50万(前々年)+ –50万(前年) + 200万(今年) = 100万円の利益

例えばこの様に1年目の結果が50万の損失、2年目の結果が50万円の損失、そして今年ようやく200万円の利益が出たという場合、過去3年の損益を合算し+100万円の利益で申告する事が出来ます。

ですので100万円 × 20,315% =203,150円が納めるべき税額となります。この損失繰越は国内業者で挙げた利益のみで海外バイナリーオプションには無関係の内容になりますので注意しましょう。

バイナリーオプションで稼いだ利益を確定申告!やり方や手順

確定申告のやり方や手順

バイナリーオプションに掛かる税金や税率をお伝えしました。それでは実際に確定申告を行う手順について解説を行っていきますね。

確定申告のやり方・手順

・バイナリーオプションの1年間の収支を確認
・収支から差し引ける経費の確認
・必要書類の整理
・報告書作成・提出 or 手続き会場

やる事は大まかに分けてこの4つです。1年間の収支を確認し、通信費などの経費を差し引いて確定申告書を作成、そして提出するだけです。

「確定申告」と聞くと面倒に感じますが、意外と簡単なので是非手順を見ていってください。私は海外バイナリーオプションのハイローオーストラリアをメインに取引していますのでハイローオーストラリアで稼いだ場合のやり方で解説を行っていきます。

1年分のバイナリーオプションの収支を確認する

年間収支を確認する

まず初めに、確定申告を行うために、1年間(1月1日~12月31日)で得たバイナリーオプションの収入を確認します。

今回はハイローオーストラリアの管理画面を使って解説を行いますが、基本的にどのバイナリーオプション業者でもマイページ等の管理画面から確認することが出来ます。

それでは解説していきます。

管理画面から「取引履歴」を見る

ハイローオーストラリアの場合、まずマイページにログインし「取引履歴」と書かれている所をクリックします。

「検索」を押す

自分の取引履歴が表示されるので「検索する」を押して期間を絞り込みに行きます。

前年1年分で検索を掛ける

検索期間は選択出来るので前年分の1月1日~12月31日迄を選択し「検索する」を押しましょう。

ダウンロードを行う

期間の設定が完了したら1年分のデータをダウンロードする事が出来ます。

赤色のファイルは「PDF」ファイルで、緑のファイルが「Excel(エクセル)」ファイルになります。私はPCを使っているので、いつもExcelファイルを落としています。スマホの方はPDFの方が見やすいと思います。

これで1年間の収支を確認出来ますね。

収支の出し方

収支:ペイアウト – 購入

計算方法もこれだけなので収益の算出は特に難しくありません。

バイナリーオプションで掛かった経費を確認する

バイナリーオプションに掛かる経費を計算する

収支を確定したら申告…と行きたい所ですが、バイナリーオプション取引に関わった費用については経費で計算する事が出来、利益の中から差し引くことが出来ます。

経費を計上すると言う事は、節税ですね。課税所得の金額を減らす事が出来るため、確定申告後の支払いなども非常に楽になります。

利益をあげた年に発生した費用は絶対に計算しましょう。

経費として計上できるもの

ではバイナリーオプションで掛かった費用は、どのようなものが経費として計算することができるのでしょうか。

経費として計上できるもの

・家賃や事務所の一部費用、光熱費
・パソコン・タブレット端末、周辺機器の購入費
・机や椅子等の家具購入費
・ネット回線費用
・教材費やセミナー費
・ツール等の購入費

これらのものがバイナリーオプションの経費として計算する事が出来ます。

家賃や事務所の一部費用・光熱費

バイナリーオプションを住んでいる賃貸住宅で取引を行っていた場合や事務所を借りている場合は経費として計上する事が可能です。勿論光熱費も同様です。

ですが、家賃や光熱費の100%を経費に出来るという訳ではなく、取引用とプライベート仕様分に分けて計上する必要があります。

例えば家賃8万円の40~50㎡の2LDKで1部屋を使って取引していた場合、大体家の1/4のスペースを使っている事かと思いますが、家賃の1/4つまり20,000円を経費として計上できるという事になります。

ただし、注意点として住んでいる家の契約者が本人でないと計上する事が出来ません。

パソコン・タブレット端末、周辺機器の購入費

次に実際にバイナリーオプションで取引を行ったパソコンやタブレット端末、取引画面を表示しているディスプレイモニター等も経費として計上出来ます。

また、パソコンを使っている方はその際のマウスやキーボードといった周辺機器も経費として扱う事が出来ますよ。

スマホのみで取引している場合はスマホ機器代も経費としてあげる事が出来ます。

机や椅子等の家具の購入費

先程のパソコン周辺機器の内容と被りますが、バイナリーオプションの取引に使用したパソコンを置いている机や椅子等の家具に関しても経費として計上する事が出来ます。

購入時の金額は控えておくと良いですよ。またAmazonや楽天市場などのオンライン上で購入したものだと、ログインした後にマイページで購入履歴を見る事で金額を出す事が出来ますよ。

取引に必要なインターネット回線料金

バイナリーオプションはインターネット回線が無いと取引が出来ない為、取引に使ったネット回線費用は経費として扱う事が出来ます。

インターネット回線料金

・回線契約料金
・ネット回線月々の料金
・プロバイダ利用料金

この3項目がインターネット回線でかかる費用ですね。

教材費やセミナー費

バイナリーオプションに関する本や雑誌などを購入した場合はその書籍代を経費として計上する事が出来ます。

その他バイナリーオプションに関するセミナーに参加した際、その時の参加費も経費として計上する事が出来ます。

つまりバイナリーオプションで利益を上げるために勉強した事は全て経費として計算する事が可能という事です。

ツール等の購入費

最後に、バイナリーオプション取引に用いたツール代ですね。

一般的には無料ツールのMT4やMT5、トレーディングビューを使う事が多いですが、サインツール等の有料ツールを購入した際や、トレーディングビューの有料アップグレード等は経費として計算可能です。

勉強代などと同じく、利益をあげるために用いたツール代ですので経費として計上してください。ツールはオンライン上で購入する事がほとんどだと思いますので、こちらも金額は控えておくようにしましょう。

「収入」-「経費」を計算し所得を決定する

収入から経費を差し引いて所得を確定する

バイナリーオプションで掛かった経費を全て合計したら、収入から引き算を行い「所得」を決定しましょう。

所得の計算方法

所得:収入 – 経費

この所得が最終的な金額となります。

・給与以外の所得が20万円以下
・扶養の方で年間所得が38万円以下

最終的な金額が上記の様になる場合は確定申告が不要となります。

確定申告に必要な書類を揃える

所得が確定したら次に、確定申告を行うための書類を準備しましょう。

確定申告に必要な書類

バイナリーオプションの年間取引履歴
源泉徴収票
国民健康保険や国民年金、火災保険や地震保険の明細書
住宅ローン残高証明書
医療費の領収書

全て揃っていないと確定申告出来ないという事はありませんが、保険関連や医療費明細は控除する際に使うので忘れないようにしましょう。

バイナリーオプションの年間取引履歴について

年間取引履歴は自分で作成するもので、簡易的でも構いません。「1年分のバイナリーオプションの収支を確認する」の項目でダウンロードした年間収支のファイルを基に、作成したらOKです。

「ペイアウト」「購入」と「合計の収支」が分かれば問題ないです。私は一番最初に確定申告を行った時は地元の会場の様な所で行ったのですが、合計の収支さえ分かれば大丈夫という事でした。

自分で作成するので自己申告での収支報告になりますが、虚偽は絶対に辞めておきましょう。バイナリーオプション業者の方から税務署に申請が届くので、バレます。

源泉徴収票

会社に勤めている方であれば、年始に会社から「源泉徴収票」を貰う事かと思います。会社からの給与や、天引きされていた所得税等が記載されています。

確定申告書を作成する際に記入しなければいけない内容が記載されているので、必ず準備をしましょう。

また同年内で転職している場合は、現会社のもと併せて、前の会社の源泉徴収票も必要になりますので準備しておきましょう。

国民健康保険や国民年金、火災保険や地震保険の明細書

国民健康保険を始め火災保険や地震保険など、支払っている保険料を申告する事で「保険料控除」を受ける事が出来ます。

支払っている保険料によっては大きく節税する事が出来るので、入っている保険を確認して、明細を準備しておきましょう。

控除可能な保険料

・社会保険料控除
・生命保険料控除
・地震保険料控除

勿論生命保険も控除対象なので、確定申告の際に一緒に提出しましょう。

住宅ローン残高証明書

その年の年間所得が3,000万円以下で、自己居住用の住宅として購入した物件は「住宅ローン控除」を受ける事が出来ます。

控除に必要な書類

住宅借入金等特別控除額の計算明細書
住民票の写し
建物・土地の登記事項証明書
建物・土地の不動産売買契約書(請負契約書)の写し
金融機関の住宅ローンの「残高証明書」

購入の際の借入金が親族や知人などの個人であったり、親族の会社や自身が役員となっている企業の場合は対象とならないので注意しましょう。

医療費の領収書

自身や扶養家族が病院に掛かった際の医療費は「医療費控除」の適応が可能で、節税出来ます。そのため領収書は取っておきましょう。

領収書が無い場合でも明細書が送られてきますし、社会保険に加入している方は勤め先の会社からも貰えます。

社会保険・国民健康保険を提示する必要のある医療関連全てが医療費控除対象なので、必ず確定申告の際に提出しましょう。

バイナリーオプションの確定申告書の作成方法

確定申告書を作成する

確定申告を作成するには実際に会場に向かって提出する方法と、web上で作成し提出する方法の2種類あります。

開場に出向く際は書類を持っていけば係の人が教えてくれますが、web上で行う際は自分で入力していく必要があります。そのためこの項目ではweb上で作成し提出する方法について解説を行っていきます。

web上で確定申告書を作成・提出するには国税庁のホームページ「国税庁 確定申告書等作成コーナー」から出来るのでアクセスしましょう。

「作成開始」をクリックする

アクセスすると「申告書等を作成する」という項目が出てくるので「作成開始」を押して始めます。

提出方法は3種類。マイナンバーカード等が無くても可能な「印刷」が簡単

まず始めに確定申告書の提出方法を問われます。提出出来る内容は以下3種類です。

確定申告書の提出方法

e-Taxで提出(マイナンバーカード方式)
e-Taxで提出(ID・パスワード方式)
印刷して提出

「e-Tax」であればweb上のみで全て完了出来ますが、マイナンバーカードを持っていないと作成出来ません。また「ID・パスワード方式」も、税務署から発行されないと出来ない為、「印刷して提出」がおすすめです。

同意して次へ進む

「印刷して提出」を押すと画面が遷移します。環境確認や各種サービスの案内になりますので、内容を確認したら「利用規約に同意して次へ」を押しましょう。

「所得税」を選択

「作成する申告書等の選択」という画面に変わります。バイナリーオプションであげた利益に対しての確定申告なので「所得税」を申告する事になります。

作成開始

画面が変わりますので「作成開始」を押して始めていきましょう。

生年月日や質問に答える

まず自身の生年月日を入力し、3つの質問に回答しましょう。

収入金額・所得金額の入力

入力を行う場所

会社勤めの方で給料がある方は「給与所得」の欄と「雑所得-その他」に入力します。今回はハイローオーストラリアで稼いだ所得の入力なので、雑所得(海外バイナリーオプション)に該当します。

雑所得の内容を入力する

画面を埋めていきましょう。

雑(その他)所得の入力

種目:その他「オプション」
収入金額:海外バイナリーオプションの収入額
必要経費:海外バイナリーオプションに関する支出額
源泉徴収税額:0円
所得の生ずる場所:海外バイナリーオプション業者の住所
報酬などの支払者の氏名・名称:海外バイナリーオプション業者の会社名

入力例はこの様になります。海外バイナリーオプション業者の所在地は長くて入りきらないので、国名など、入る分だけ記載しておくと良いですよ。

入力完了

例として収入100万円、経費20万円で出してみました。もしその他の業者でも取引を行い利益を得ている場合は追加記入を行いましょう。

これで完了であれば「次へ進む」を押して元の画面に戻りましょう。

入力終了

元画面に戻り、他に入力する項目が無ければ「入力終了(次へ)」を押して完了しましょう。

所得控除の入力

控除の入力

次に各種控除を入力していきます。ここで先程準備した各種保険の金額や医療費など入力します。

今回は例で記入しているので何も記載していませんが、ご自身が支払ったものと金額を入力していきましょうね。

計算結果確認

納付額の計算結果

「収入」と「控除」を入力が完了すると、自動的に納める税金(納税額)to
還付される税金(還付額)が計算され、表示されます。

今回の例を基に計算した税金

今回の税金の計算なども表示されていますので確認しましょう。入力漏れなどがある場合は修正が出来ます。

確認したら次に進みましょう。

住民税に関する事項

最後に住民税・事業税に関する事項を確認します。

住所・氏名等の入力

住所・氏名の入力

最後に住所や氏名の入力を行います。また納税方法の確認などもここで行います。

納税方法の確認

画面では振替納税とコンビニQR納付が出ていますが、他にも電子納税、クレジット納税、窓口納税などがあります。

納税方法

振替納税
コンビニQR納税
電子納付
クレジット納税
窓口納税

どの方法でも手数料などは掛かりませんので、都合の良いもので支払いましょう。

住所氏名を入力

確認したら住所氏名を入力しましょう。以上で確定申告書の作成が完了です。

確定申告書提出のためのファイルダウンロード

印刷する為のファイルをダウンロード

作成が完了すると今回の内容のファイルをダウンロードする事が出来ます。PDFファイルで出力されるためこのファイルをコンビニなどで印刷し提出したら完了です。

印刷する帳票の中には自身用の控えもあるので、「控え」とか書かれているものは自宅に控えておきましょう。

確定申告書のpdfファイル

ダウウンロードしたPDFファイルを見るとこの様になっています。

ダウンロードしたPDFファイルにあるもの

確定申告書B第一表
確定申告書B第二表
確定申告書B第一表(控え)
確定申告書B第二表(控え)
添付書類台紙
提出書類などのチェックシート

本人確認書類

確定申告書の提出には必ず本人確認書類の提出が必要になりますので、マイナンバーカードをお持ちであればマイナンバーカードの表裏のコピーを、お持ちでない方はマイナンバー通知カードのコピーや住民票の提出と併せて、免許証などの身分証明証のコピーを提出しましょう。

全て終わったと思ってここは忘れがちなので注意しましょう。

確定申告書の送付方法

提出先

確定申告書の提出方法も中に入っていますが、送り先などは記載されていません。お住まいの地域の管轄税務署へ送付しましょう。

国税庁のホームページ「国税局・税務署を調べる」から管轄税務署の検索が可能です。

また、送付方法として、作成した申告書は税務署に郵送して提出できます。税務上の申告書や申請書・届出書は「信書」に当たるため、「郵便物」(第一種郵便物)又は「信書便物」として送付する必要があります。

ですので、郵便局に持ち込めばOKです。

送付が終えれば確定申告書の提出は完了となります。

確定申告で決まった納税額を支払う

提出が完了したら、納税を行いましょう。

納税方法

現金による納付
振替納税
電子納税
クレジットカード納付

納税方法は前述した4つの手段です。

注意点として、納税の際、税務署からの納付書や納税通知などが無い事です。住民税や固定資産税のように納付書が送られてこないので、そのままにしていると未納扱いになります。

各納税方法詳細

現金納付:銀行や税務署にある納付書を入手して、支払う
電子納税:e-taxの通知からネットバンキングで支払う
クレジット納付:国税クレジットカードお支払サイトで支払う
振替納税:預貯金口座振替依頼書兼納付書送付依頼書を書いて支払う

私はいつも現金納付を行っていますが、ご自身が都合の良いものを選択し、納付漏れが無い様にしましょうね。

まとめ:手順を踏んでやれば意外と簡単!しっかり節税をしつつ申告しましょう

長くなりましたが最後までご覧頂きありがとうございます。

確定申告は自分の収益情報を正しく調べて入力しないといけないので面倒に感じるかもしれませんが、やってみると調べるのも簡単で、また自分が今年1年でどれくらい稼ぐ事が出来たか等を知る事が出来、額を見る事でモチベーションも高まります。

そもそも確定申告を行わなければいけないという事は利益をあげられている証拠でもありますので良い事でもあります。

またバイナリーオプションでかかった必要経費や控除することが出来る金額を正しく記載することで、節税することも出来るため、実際に支払う税金も少なくする事が出来るメリットもありますよね。

バイナリーオプションで稼いでいる人は、ただ収益をあげていくだけでなく、確定申告で節税を行う事でより利益を蓄えています。

確定申告は虚偽なく正しく、そして賢く節税して、バイナリーオプションで利益をあげていきましょう!

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア公式サイト

ペイアウト率2.30倍!利用者数No.1

今なら口座開設後5,000円のキャッシュバック!

業者情報へ公式サイト

ハイローオーストラリア口座開設
ハイローオーストラリア入金方法
ハイローオーストラリア出金方法

※画像タップで記事へ飛べます。