各種比較・選択

ビットコインや仮想通貨が選択できるバイナリーオプション業者まとめ

ビットコインを始めとする仮想通貨銘柄を対象にバイナリーオプション取引が出来る業者をまとめています。

仮想通貨銘柄は値動きの大きさが特徴

仮想通貨は既に成熟している通貨ペアと比べても値動きの幅が大きく、一方的になりやすいのが特徴です。そのためトレンドを掴むことが出来れば順張りで勝ちやすいのが魅力的です。

その値動きに躊躇し、仮想通貨銘柄を導入しないバイナリーオプション業者が多い中今回は実際に導入している3業者をまとめました。

また仮想通貨の場合、全てオンライン上で取引が行われているため土日祝日も関係なく市場は動いています。

そのため仮想通貨銘柄を土日祝のバイナリー取引に採用しているも業者もあり、休日もバイナリーオプション取引をしたいという方には必見です。

・値動きの幅が大きく順張りを行いやすい
・土日祝も市場が開いている
・業者によっては土日祝の取引に採用している

それでは仮想通貨銘柄で取引が出来る業者を見ていきましょう。

仮想通貨銘柄で取引が出来るバイナリー業者

ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツは仮想通貨銘柄での短期取引、長期取引に対応しているバイナリーオプション業者です。

またビットコイン(BITCOIN)を始め、リップル(Ripple)、イーサリアム(Ethereum)などの人気銘柄6種類から選ぶことが出来ます。さらに土日祝日の取引にも対応しているため、仮想通貨銘柄でバイナリーオプションをするならファイブスターズマーケッツをオススメします。

取扱銘柄 ビットコイン,Ripple、Ethereum,Litecoin,EOS,DASH
取引時間 【短期取引】2分,5分
【長期取引】20分,25分,30分,45分,60分
ペイアウト率 1.5倍(変動制)

ファイブスターズマーケッツは土日祝日にも対応しているのが魅力です。当サイトで確認しているバイナリーオプション業者の中では唯一となりますので土日祝日も取引を行うならファイブスターズマーケッツを選択しましょう。

詳細ページ公式ページ


ザオプション

ザオプションでの取扱い仮想通貨銘柄はビットコイン(BTC)のみとなります。しかしビットコインは仮想通貨の代表ともいえる銘柄なので難しい事は考えずシンプルに仮想通貨を狙っていきたい方にはオススメです。

取引時間に短期取引がなく、かつ平日のみのため土日祝日の取引は行えませんがペイアウト率は1.85倍と高いため、ペイアウト率でみる仮想通貨銘柄を検討している方には持って来いです。

取引銘柄 ビットコイン(BTC)
取引時間 5分,10分,15分,30分,23時間(判定時間6:00)
ペイアウト率 1.85倍

ザオプションの場合ビットコイン取引のペイアウト率が高いのが魅力的ですが平日午前7時~翌6時の間での取引となるため、土日祝日で検討している方にはオススメできません。

しかし取引出来る時間帯は最短5分という部分で、値動きの大きなときは高いペイアウト率を生かし利益を重ねる事が可能です。

業者ページ公式ページ


ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアでの取扱い仮想通貨銘柄はビットコインを含めた4銘柄。ペイアウト率は1.85倍~2.0倍と最も高いのが特徴です。

しかし取引時間が「23時間(判定時間6:00)」のみのため短期取引を行う事が出来ません。また土日の取引にも対応していないため、仮想通貨銘柄の面で検討している方には優先度は低くなります。

3業者の中では最もペイアウト率が高いので1日の取引回数が少ないユーザーには条件がピッタリではないでしょうか。

取引銘柄 BITCOIN,ETHEREUM,RIPPLE,LITECOIN
取引時間 23時間(判定時間6:00)
ペイアウト率 1.85倍~2.0倍

人気の仮想通貨銘柄で取引が出来てペイアウト率最大2.0倍(スプレッド取引時)は魅力的となります。

仮想通貨を使ったサービスがの幅が広がったり、ゴールドサックスの発表特といった、ファンダメンタルズで相場が動く事が多いビットコインですので変動があったら順張りで取引を行うというスタイルが勝利のカギとなります。

一度の取引にリターンを求める方はハイローオーストラリアで仮想通貨取引を行いましょう。

業者ページ公式ページ