ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアで勝ちやすい通貨ペアは2種類!選び方は取引量に注目

バイナリーオプションで勝率を高める上で大事なのが「通貨ペア」です。適当に見えて通貨ペアにはそれぞれ値動きの特徴というものがあります。

ハイローオーストラリアでは多くの通貨ペアがあるためどれを選んだら良いのか分からないという方は多いのではないでしょうか。かく言う私も、始めたての頃は適当に通貨ペアを選択していました。

そこでこのページでは勝ちやすい「通貨ペア」のおすすめをご紹介します。理由と併せてお伝えしますので是非これからの取引に役立てて頂ければと思います。

この記事で分かる事

・通貨ペアや通貨コードの意味
・通貨の値動きの特徴
・ハイローオーストラリアの通貨ペア17種類
・勝ちやすい通貨ペアは「EUR/USD」「USD/JPY」の2種類

ハイローオーストラリア
公式サイト

通貨ペアとは?

通貨ペアとは

通貨ペアとは、売買する2国の通貨の組み合わせの事で「米ドル/日本円」の様に「/」で区切り表されます。

左側が「基軸通貨」、右側が「決済通貨」と呼ばれます。つまり「USD/JPY」の場合米ドルを日本で買ったときの日本円の価値を表しています。

また通貨ペアの表記方法には、アルファベッド文字の「通貨コード」が用いられ、日本円なら「JPY」、米国ドルは「USD」と表記されます。

通貨コード一覧
(ハイローオーストラリア)

・AUD:豪ドル
・CAD:カナダドル
・CHF:スイスフラン
・EUR:ユーロ
・GBP:ポンド
・NZD:ニュージーランドドル
・USD:米ドル
・JPY:日本円

各国の通貨の特徴

通貨にはそれぞれ特徴があります。特徴を知っておく事で、値動きを予想する時に参考になります。知っておいて損は無いので各国の通貨がどの様に動くのかチェックしておいてください。

簡単ではありますがハイローオーストラリアで提供されている通貨に絞って特徴を記載していきます。

USD(米ドル) 世界で一番取引されている基軸通貨です。「雇用統計」や「GDP」などの経済指標発表時に大きく値が動きます。
また世界基軸の通貨なので、値動きの際は他の通貨にも影響を与えます。
EUR(ユーロ) 世界で二番目に取引されている基軸通貨です。ユーロの特徴としては、もし米ドルが売られると、資産保護の為にユーロ買いが進み、ユーロ高になるという傾向です。
ドイツやフランスの経済指標でも値を動かします。
JPY(日本円) 世界で三番目に取引されている通貨です。日本円の特徴しては、アメリカの経済に影響を受けやすいという事です。
アメリカ経済が不安定になれば円は売られ、アメリカ経済が上向きになると円買いが進むという傾向があります。
GBP(ポンド) 世界で四番目に取引されている通貨です。しかしポンドは米ドルやユーロに比べれば流通量が少ないために投機の対象になりやすく、1単位あたりの円価格も大きいので値動きが激しくなり易いです。
イギリス経済指標に大きく影響を受けます。
AUD(豪ドル) オーストラリアは金や石炭、鉄鉱石などの天然資源が豊富なため、豪ドルは天然資源の価格の影響を受けやすいです。
そのため、天然資源通貨が上がれば、それに伴いオーストラリアドルも一緒に上がっていく特徴があります。
NZD
(ニュージーランドドル)
ニュージーランドは乳製品や農作物を輸出している国です。ニュージーランドドルそのもは取引量が少ないですが、その分値動きが大きくなる傾向があります。ですのでニュージーランドの経済指標によっては大きく変動を起こす事があります
CAD(カナダドル) カナダは石油や天然ガスなどの資源国で原油の価格の影響を受けやすいです。またアメリカと隣国で貿易関係もあるためアメリカ経済にも影響されます。基本的にはアメリカ経済をチェックしておけば、カナダドルの値動きも予想できます。
CHF(スイスフラン) スイスは永世中立国で有名な国で、多国間で戦争が起こっても中立の立場なので戦争には一切参加しません。
そのため、どこかの国が戦争を始めるとスイスフランを購入し投資家の資産を守る動きが出るため値を上げます。

沢山通貨はありますが特に覚えておくべきは米ドル、ユーロ、日本円の3通貨です。取引量の多い通貨は世界中の投資家が注目しますのでトレンドも長続きしやすい傾向にあります。

ハイローオーストラリアで取引出来る通貨ペア

ハイローオーストラリアで利用できる通貨ペアは業界最多の17種類となります。取引方法により利用できる通貨ペアも変わるため、取引方法と併せた通貨ペアを記載します。

HighLow・HighLowスプレッド

AUD/JPY(豪ドル/日本円)
AUD/NZD(豪ドル/ニュージーランドドル)
AUD/USD(豪ドル/米ドル)
CAD/JPY(カナダドル/日本円)
CHF/JPY(スイスフラン/日本円)
EUR/AUD(ユーロ/豪ドル)
EUR/GBP(ユーロ/英ポンド)
EUR/JPY(ユーロ/日本円)
EUR/USD(ユーロ/米ドル)
GBP/AUD(英ポンド/豪ドル)
GBP/JPY(英ポンド/日本円)
GBP/USD(英ポンド/米ドル)
NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)
NZD/USD(ニュージーランドドル/米ドル)
USD/CAD(米ドル/カナダドル)
USD/CHF(米ドル/スイスフラン)
USD/JPY(米ドル/日本円)

以上17銘柄が「HIGHLOW・HIGHLOWスプレッド」で選択できます。

Turbo・Turboスプレッド

AUD/JPY(豪ドル/日本円)
AUD/USD(豪ドル/米ドル)
EUR/JPY(ユーロ/日本円)
EUR/USD(ユーロ/米ドル)
GBP/JPY(英ポンド/日本円)
NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)
USD/JPY(米ドル/日本円)

この様に数多くの通貨ペアあるため迷いがちです。では次の項目でおすすめの通貨ペアの選び方を解説します。

ハイローオーストラリア
公式サイト

通貨ペアには攻略難易度が存在する

通貨ペア選びのおすすめですが、実は通貨ペア毎に難易度が存在します。何だか分かりますか?それは「取引量」です。取引量が多ければ多いほど攻略の難易度が下がります。

何故かと言えば、取引量の少ない通貨ペアは取引量の多い通貨ペアに比べて値動きが荒い傾向があるからです。

為替は通貨を売る人と買う人が居て初めて価格が決定し動くため、市場参加者の少ない通貨ペアの場合売りたい人、買いたい人のマッチがスムーズにいかずに値動きが大きくなります。そのため分析を行っても予想通りの動きをせずに勝率が下がる事も考えられますね。

逆に取引量が多い通貨ペアの場合は市場参加者も多く、すぐに売りたい人、買いたい人がマッチするため値動きは比較的滑らかな動きとなり、予想外の動きなどもほぼほぼ起きません。つまりチャートの分析に素直なので勝率UPに直結します。

取引量の多い通貨ペア:
緩やかに為替が進むため予想外の動きが少なく攻略難易度が低い

取引量の少ない通貨ペア:
為替の動きが大きく上がった瞬間に大きく下がるといった予想外の動きがあり攻略難易度が高い

おすすめ通貨は「EUR/USD」「USD/JPY」

おすすめの通貨ペアは「EUR/USD」「USD/JPY」

これまでの内容から、勝ちやすい通貨ペアは「EUR/USD」と「USD/JPY」です。世界トップ3の銘柄なので取引参加者が多く、イレギュラーな動きにはなりにくいためです。

その理由として取引量の多い通貨ペアは集団心理が強く働きます。上昇、下降の気配が見えるとトレンドが形成され、続くように投資家の売買が始まるのでそれに乗るような形でエントリーを行えば勝ちやすいです。

EUR/USD
・世界で一番取引量の多い通貨ペア
・トレンド方向に対し動く
スプレッド取引も積極的に狙える
・3分、5分、15分、1時間取引がおすすめ

USD/JPY
・世界で一番取引量の多い通貨ペア
・トレンド方向に対し緩やかに動く
スプレッド無しで勝率重視で狙う時
・5分・15分、1時間取引がおすすめ

どちらの通貨ペアもトレンドに対し素直に進むため、相場の過熱度からトレンドを見つける「RSI」等のインジケーターがかなり使えます。見方も簡単なので、RSIが良く分からないという方は下記記事も是非チェックしてみて下さい。

RSIの完璧なエントリー方法!バイナリーオプションで勝てる正しい使い方これからバイナリーオプションを始める初心者トレーダーにもおすすめできる分析方法「RSI」。特定の数値に触れた時にエントリーするシンプルな方法ですが、使い方を知るだけで今後の勝率に大きく影響しますので是非チェックしてくださいね!...

まとめ「取引量=勝ちやすさ」

このページではハイローオーストラリアで取引可能な17種類の銘柄と各通貨の特徴、勝ちやすい通貨ペアについて解説しました。

通貨ペアの選び方の基準で最も大事なのが「取引量」です。取引量の多い通貨ペアは予想外の値動きを起こす事が少なく、分析が行いやすいためです。

そして取引量の多い通貨ペアは「EUR/USD」「USD/JPY」の2種類。どちらの通貨ペアも3分以上の取引であればトレンド方向への順張り取引が有効です。

これまで何となく選んでいた通貨ペアも今後はこの2銘柄に絞って取引を行っていくと良いですよ。またこれからハイローオーストラリアを始める方も今回の内容を基にエントリーを行ってくださいね!

ハイローオーストラリア

ペイアウト率2.30倍!利用者数No.1

今なら口座開設後5,000円のキャッシュバック!

公式ページ

ハイローオーストラリア口座開設
ハイローオーストラリア入金方法
ハイローオーストラリア出金方法

※画像タップで記事へ飛べます。

関連記事