BOを始めるならまずは『ハイローオーストラリア』

『ハイローオーストラリア』は海外バイナリーオプションにおいて日本人利用者数ナンバー1の業者です。

その理由として、最大ペイアウト率2.30倍で最も倍率が高い事、日本国内に決済代行会社を置いている事で入出金におけるトラブルが無い事が挙げられます。

更に口座開設後には5,000円のキャッシュバックボーナスが付与されるので、その資金を元手に初めは取引を行う事ができ、敷居低くバイナリーオプションを始める事が出来ます。

Highlowナビ

【ハイローオーストラリア】ジャックポット当選者を徹底分析!当選額はエントリー金額が大きく関係している

bo-kouryaku

こんにちは真咲です。今回はハイローオーストラリアの魅力的なボーナスキャッシュバックのひとつ「ジャックポット」はご存知でしょうか?

ステータス「トレーダー」以上がボーナス発生条件等はあるものの、1取引毎に最大50万円のキャッシュバック抽選が行われる激熱ボーナスで、これは業界一の内容となります。当選額が高いので是非とも当てて受け取りたいですよね!

今回はそんなハイローオーストラリアの「ジャックポット」について発生条件や受取条件、また実際に抽選に当たった方のSNSの内容から解説を行っていきたいと思います。

ハイローオーストラリアの「ジャックポット」とは?

ハイローオーストラリアのジャックポットボーナスとは

ハイローオーストラリアのジャックポットとは、取引開始時(約定時)に行われる内部抽選により発生するボーナスの事です。金額はランダムですが、当選すると自身の口座に「キャッシュバック」として付与されます。

ジャックポット概要
  • 「トレーダー」以上の投資家が対象
  • 約定時に毎回内部抽選が行われる
  • 当選すると「キャッシュバック」として付与
  • 当選金額は1,000円~50万円
  • 出金条件等は無し

「ジャックポット」と聞くと、カジノやメダルゲームの様なイベントの様に聞こえますが、ハイローオーストラリアの場合は単なる内部抽選だけで、当選すると約定後いきなり下記の様な演出が入りキャッシュバックが口座に反映されます。

ジャックポットの演出
ジャックポット当選時はルーレットが回り金額が決まる

自身のトレーダーランクによってボーナス上限金額が変わりますが、1,000円~50万円の中から金額が当選します。完全にランダムなので自分でどうこうして貰えるキャッシュバックではありません。

勿論このジャックポットボーナスに関しては、普段のキャッシュバック同様に出金制限や出金条件が付くという事はありませんので、当たったらラッキーと思ってください。

エントリー時にジャックポット抽選・当選する

ジャックポット当選時の画面を紹介

ジャックポット当選の際は、約定した後に1~2秒してから画像の様な表示が出ます。なので金額と方向を決めて取引を開始した際にこの画面が表示されなければジャックポットは外れたと思ってください。

普段のハイローオーストラリアのキャッシュバックでしたら「1,000円・5,000円・10,000円」等のキリの良い金額で貰えますが、ジャックポットの場合は500円単位でランダムで貰えますので「2,500円」や「3,500円」といった半端な金額のキャッシュバックが付与される事もあります。

最大50万円まで当たりますが、どれだけ調べても50万円当選した人をまだ確認できておりません(60,000円まで確認済)。

ジャックポットに当選すると運営からお知らせも届く

ジャックポットに当選するとお知らせが届く

またジャックポットに当選すると、ハイローオーストラリアの運営からお知らせが届きます。

ジャックポット当選時に届くメール
  • 送信元:Highlow
  • 見出し:Highlowロイヤルティ:ジャックポットの近況報告
  • 内容:キャッシュバック額のお知らせ

ジャックポットに当選した際は登録したアドレスにメールが届くので、当選した際に詳細が気になるかたは是非チェックしておきましょう。

ジャックポットの発生条件・受取条件について

ジャックポットの発生条件と受取条件について

ジャックポットには発生条件が存在します。「ロイヤルティ・ステータス」がトレーダー以上に到達した際に始めてジャックポットの抽選が行われる様になります。

ロイヤルティ・ステータスは取引額によって変動します。100万円以上の取引量からジャックポットの対象となり、ステータスが高くなればなるほどジャックポットの当選金額の上限が上昇します。

ロイヤルティ・ステータスとジャックポットの上限金額は以下の通りです。

ステータス最大当選金額
プレイヤー
(100万円未満)
無し
トレーダー
(100万円以上)
5,000円
プロ
(200万円以上)
20,000円
エリート
(500万円以上)
500,000円

100万円以上の取引量と聞くと、遠いかなというイメージを持つ方も居るかもしれませんが、「取引量」というのはエントリーに使用した金額の合計であり、勝ち負けに関係なく100万円分エントリーを行えば達成します。

ちなみにこのロイヤルティ・ステータスは毎月月初に付与される「ロイヤルティ・プログラム」のキャッシュバックにも影響しますので、ステータスは高い方が有利ですね。

スマホアプリ版で取引するとジャックポット抽選が入らないので注意

アプリでの取引にはジャックポットの抽選が入らないので注意しよう

ジャックポットの最大の注意点として、ハイローオーストラリアのスマホアプリを使って取引する際にはジャックポット抽選が行われないという事です。

アプリ自体プラットフォームが旧画面のままなので、ハイローオーストラリアのアプリを使っている方は少ないと思いますが、スマホで取引を行う際はブラウザ版で取引を行う様にしましょう。

※2022年9月5日を持ちまして、ハイローオーストラリアのアプリ版廃止が決定したため、現在はこの心配をする必要はありません。

ジャックポットの当選額は1万円未満の報告が多い(X:旧Twitter)

「ハイロー ジャックポッド」X(Twitter)での検索結果

X(旧:Twitter)でジャックポットに当選した方の当選額を調べてきました。当選報告自体は結構あったのですが、信頼性を上げるために画像付きのものだけを見てきました。

ロイヤルティ・ステータスによってキャッシュバック上限は変わるものの、ほとんどが10,000円未満のボーナスでしたね。

ジャックポット当選例

この方は3,000円のキャッシュバックですね。他のつぶやきも見てみましたが、画像投稿以外にも何度かジャックポットに当選しているとつぶやいていました。

ジャックポット当選報告例その2

この方は4,500円当選したようですね。翌日も画像付きで4,000円のジャックポットが当たっていました。

1,000円の取引で10,000円のジャックポットが当たった報告

また、「エリート」の方でも10,000円の当選の様ですね。ロイヤルティ・ステータスが高くても必ずしも高額が当たるとは限りません。

ハイローオーストラリアジャックポッド当選画像

中には一月の間に連続してジャックポッドボーナスが当選している方もいらっしゃいました。額はやはり1万円未満ですね。

検索方法を変えて調べてみると、このジャックポットボーナスを受け取ったトレーダーが多かったのですが、額はやはり低めでした。以下、確認できたジャックポットボーナスの金額と画像になります。

確認できたジャックポットボーナス

1万円未満の方が多いと見出しに記載しましたが、実際の所5,000円未満ですね。

ただ、Xでジャックポット額のみ見てもその方がエントリー時いくら投じたのか、またトレーダーランクがどれくらいなのか分かりにくかったので、次項よりもう少し深堀してみます。

ジャックポット当選者22名を調査!当選金額は約定金額に比例!

X(旧Twitter)だけでは分かりにくかったので、YouTubeや掲示板等、あらゆるツールを使って当選者の「ロイヤルティ・ステータス」「約定金額」「当選額」を調べてみました。

結論から言えば、ジャックポットの当選金額はロイヤルティ・ステータスは勿論の事「エントリー金額」が大きく関係しているのではないかと思いました。

有効回答(ジャックポット付与のメールや、ライブ配信動画時の当選等)のみを集めてまとめましたので見て下さい。

ロイヤルティ・ステータスが不明な方も居ましたが、参考になると思います。

ステータス当選時の約定金額当選金額
トレーダー1,000円3,000円
トレーダー不明2,000円
トレーダー1,250円3,000円
トレーダー1,000円2,000円
プロ1,000円4,000円
エリート不明7,000円
エリート1,000円10,000円
エリート1,000円10,000円
エリート1,250円10,000円
エリート4,000円15,000円
エリート4,000円20,000円
エリート5,000円40,000円
エリート44,000円10,000円
エリート50,000円15,000円
エリート50,000円35,000円
エリート50,000円60,000円
不明1,000円3,000円
不明1,000円3,000円
不明1,000円4,500円
不明5,000円2,500円
不明10,000円10,000円
不明10,000円30,000円

公式サイトでは「ステータスが高くなるにつれて、ジャックポットの当選確率・金額が上昇します。」と記載されていますが、当選者の内容を見ると、高い金額でエントリーしているトレーダーの方が当選額が高い様にも感じます。

もしかするとエントリー金額の50%~数百%が当選金額に反映されるといった仕組み等ありそうですね。

ジャックポット当選額考察

・1,000円で約定 → 2,000円~10,000円
・10,000円で約定 → 10,000円~30,000円

これらの事から、約定時に投じた金額の0.5~10倍前後がキャッシュバックとして付与される仕組みでは無いかと予想。

つまり最大50万円を引き当てるには5万円以上の約定が必要なのでは無いでしょうか。

基本的にはエントリー金額と同等、それ以上のキャッシュバックが付与されるようなので低額エントリーの場合は大きなキャッシュバックは狙えないのかもしれません。

以上がジャックポット当選者の当選時の状況と個人的な考察になります。

ジャックポット狙いの1,000円連打は辞めておこう

ジャックポッド狙いの1,000円連打は辞めておこう

よく動画や攻略サイトに「1,000円で取引し続けてジャックポットを狙おう」等と紹介されていますが、当選状況を調べれば調べる程、そういった小技は無駄かなと感じました。

1,000円連打で600回取引したユーザーの書き込み

1,000円で600回取引を実践した「エリート」のトレーダーでさえ当選していませんので、狙って当てるのは不可能でしょう。

それに投資額が1,000円の場合、エリートの方でも最大10,000円しか当選報告を見ていません。つまり60万円分の取引を1,000円1回で行っても当選せず、仮に当選してもエントリー金額からして1,000円~10,000円なのであまり旨味は無いです。

ジャックポットボーナスは上手くできてますね。なので通常通り普段から投じている投資額で普通通りに取引を行う方が良いのではないかと思います。

決して狙いに行くようなボーナスでは無いですね。

まとめ:ジャックポットは約定金額が大きい程当選額も増えるが、当選確率が低いので狙う必要はない

最後までお読み頂きありがとうございます。今回はハイローオーストラリアのジャックポットについて徹底的に調べた結果を書かせて頂きました。

ジャックポットはロイヤルティ・ステータス「トレーダー(取引額100万円以上)」の方が対象となるキャッシュバックボーナスで、約定後に演出が入れば確定となります。

キャッシュバック額は最大50万円とありますが、私が徹底的に調べた限りでは50万円どころか、10万円も見る事はありませんでした。

当初は公式サイトの通り「ロイヤルティ・ステータス」が高い程、当選確率や高額当選になりやすいと思っていましたが、確率に関しては1/500(0.2%)~1/300(0.3%)程度で、ステータスによる差は0.1%くらいではないかという印象を受けました(あくまでも感想です)。

そして当選額に関しても、当選者の約定時の状況等を調べてみた結果、約定時に投じた金額に近い金額がキャッシュバックされる、つまり約定金が1,000円ならキャッシュバックは2,000~3,000円が多く、高くても10,000円程度です。

10,000円で約定した場合、キャッシュバックが30,000円入っているので「ジャックポット=約定時の金額×〇倍」という考え方で良いと思います。

非常に魅力的なボーナスではありますが、狙って当たるものでも無いので、日常の取引でジャックポットが発生したらラッキー程度に留めておきましょう。

ただ、このジャックポットボーナスが都市伝説ではなく実在する事を確認出来ただけでも収穫有りですね!

最大ペイアウト率2.30倍
Highlow.com
ハイローオーストラリアversion4.0取引画面

『ハイローオーストラリア』は最大ペイアウト率2.30倍の海外バイナリーオプション業者です。

口座開設後に付与される5,000円のキャッシュバックを持って今スグ参戦!

ハイローオーストラリア「口座開設方法」アイキャッチ
口座開設方法
入金方法
出金方法
ハイローオーストラリアキャッシュバック
キャッシュバック
ABOUT ME
真咲 武人
真咲 武人
BOトレーダー/ライター
「海外バイナリーオプション攻略専門サイト」の製作者及び運営者です。バイナリーオプションは2014年から開始。

2011年~2019年まで為替情報や経済情報を発信するメディア事業に就いており、その際にバイナリーオプションを知った事がきっかけでBOトレーダーに。

現在は同社を退社し、バイナリーオプション、FX、仮想通貨トレーダーとして活動中。

これまでの仕事で得た「為替の動向を予想する知識」や、トレーダーとして活動している経験・体験から、自分の情報を形にしたいと当サイトを製作しました。
記事URLをコピーしました