ハイローオーストラリア

【月曜日の窓埋め】朝からバイナリーオプションで利益!お手軽ながらも勝率が高いので要チェック!

こんにちは真咲です。バイナリーオプションは為替の進行方向を予想する投資ですが、高確率で為替の進行方向が分かる方法があるとすれば知りたく無いですか?

それが「月曜日の窓埋め」と呼ばれる手法です。

為替市場が閉まる金曜日と、市場が開く月曜日のレート差を狙った取引の事で、MT4上で金曜日と月曜日の間にぽっかりと空間が空いていれば狙えます。

この現象を「窓」と呼び、月曜日の朝はこの窓を埋める様に推移していきます。これを「窓埋め」と呼びます。

つまり為替の進行方向が朝の時点で分かりますので、稼ぐトレーダー程この窓埋めを狙って月曜日は早起きしてトレードをしています。開いた窓は高確率で埋まるので、非常に成功率の高いトレードですよ。

月曜日の朝7時から取引が出来るハイローオーストラリアとは物凄く相性の良い手法なので、この記事を参考にし是非憂鬱な月曜日を楽しみに変えてみて下さい。

ハイローオーストラリア
公式ページ

「月曜日の窓埋め」とは

窓明けと窓埋めについて

「月曜日の窓埋め」について解説を行っていきます。5分足チャートを見てみましょう。

月曜日の窓埋めというのは、取引所が閉まる土曜日の午前中のレートと、取引が開始する月曜日の朝のレートに違いが出た際に生じる、レート差を埋める取引になります。

土曜と月曜でレートに差があると、MT4のチャート上ではローソク足とローソク足の間にぽっかりと空間が出来ます。その空間を埋める様にチャートが進んでいくので、普段は慎重に行くべき朝の取引も、比較的簡単に利益を出す事が出来ますので注目されている手法です。

窓が開く理由

窓が開く理由

ではなぜ窓が開くのか。国内外の取引市場は土曜日の午前中で閉まり、月曜日の朝まで停止しています。なので普通はこの間は通貨の売買が出来ないのですが例外的に一部の国では日曜日が休日・祝日でない等の関係もあり、取引が続いているんですね。

例えば皆さんが取引出来ないその間に大口の注文が入ったりすると、窓が開く原因となります。このように普段取引できない時間帯に取引を行っている一部のトレーダーによって、月曜日の朝に窓が開きます。

そして市場参加者も「窓開け」と「窓埋め」については良く知っていますから、窓埋めの方向へ為替が進みだすと、窓埋めを期待してその方向にトレードを仕掛けてきます。なので大きくトレンドも発生しやすいので二者択一のバイナリーオプションにとっては非常に勝ちやすい状況となります。

そもそも何故「窓埋め」が起こるのか

窓埋め

窓が開く理由は分かりましたが、問題は何故窓を閉める動きが当たり前の様になっているか…ですよね。これはFX等の為替トレーダーの注文の仕方や、相場のあり方が関係しています。

窓埋めが起こる理由

・FXトレーダーが窓を確認し決済を行う為
・「窓埋め」を狙う投資家が増えた
・適正価格に戻る動きが出る為

これら3つの要因が「窓埋め」の確率を上げている要因となっています。それでは順を追って解説を行いますね。

理由①:窓が開いた時点でトレーダーが決済を行う為

トレーダーが指値注文を行っているイメージ画像

まず1つ目の理由として、週末になってもポジション(FXの取引口座内に保有している通貨)を決済せずに持ち越す投資家が多くいる事です。

窓が開いたということは、すでにポジションを保有しているトレーダーにとっては大きな利益または損失が出ていますよね。

FX界では窓が開いたら埋まるという認識があるので、窓が開いた事で利益が出ているなら早めに利確(保有ポジションを決済)しようと考えるのです。

つまり、窓が開いたら多くのトレーダーが利確するため窓を埋めるような動きが出やすいという事ですね。

また金曜日の閉場時に「指値」といって、いくら以上価格が動いたら自動決済を設定しているトレーダーも多くいるため、窓が開いた時点で、仕込んでいた指値注文が発動し、相まって空いた窓を閉める方向へと為替が動んでいきます。

理由②:単に「窓埋め」を狙うトレーダーが増えた為

窓埋めを狙うトレーダーが増えたことで窓埋めの確率が上がっている

2つ目の理由は、この「窓埋め」が有名な手法となったために、狙うトレーダーが増えたことです。お伝えしているように物凄く分かりやすい手法で、かつ勝率も高い事からFX初心者でも狙えますよね。

そして「窓埋め」を実践する投資家が増えれば増えるほど、「窓埋め」の成功率が高くなるので、必然的に月曜日の窓埋めが発生しやすくなります。

理由③:適正価格に戻る動きが出る為

適正価格に戻る動きが出る

3つ目の理由としては土日に取引出来る少人数の投資家によってズレた相場を、適正価格に戻そうとする動きが出ている事が考えられます。

土日は一部を除き為替市場が休場なので、取引出来る証券会社も少なく、取引を行えるのは極少数の投資家のみです。参加者が少ないのでちょっとした売買でもレートが動きます。

本来ならば月曜日は週末のクローズ時と同じレートからスタートしなければいけないのに、ズレた位置から始まるため、市場は適正な状態に戻ろうと「窓埋め」という現象が起こります。

お伝えしてきた3つの理由が月曜日の窓埋めの要因となっていると考えられます。

ハイローオーストラリア
公式ページ

窓が小さい時は取引を見送ろう

窓が小さい時は見送ろう

基本的に毎週月曜日は窓が開いていますが、いつも大きく開いているとは限りません。

大きく開いている時は事前の指値が発動し窓埋め方向へと自動的に為替が進んだり、それに便乗するトレーダーが増えるため、取引が活発化しますが、窓が小さいと指値が発動しなかったり、それに乗っかるトレーダーも少なくなるため、窓埋め後の動きも鈍化します。

窓が小さいと直ぐに閉まる

さらに言えば小さい窓開きの場合、開場直後に閉まる事も多くその後は通常通り取引が進むため、旨味はありません。

なので窓の開きが小さいなと感じたら無理に取引に行かずに見送る事も大事です。

窓埋めの確率は過去21年で65%

2000年から2020年で窓埋め率65%

株の世界では埋めない窓は無いという意味で「窓埋めの法則」という言葉があるほど高確率で勝てる手法です。「埋めない窓は無い」と言われる程当たり前の様に窓埋めが行われますが、実際の確率はどうでしょうか。

窓埋めが成功する確率について色々調べてみました。窓の発生条件を、「月曜日の始値が土曜日の終値よりも0.15%以上差がある事」とすると、2000年から2020年の過去21年で65%の確率である事が分かりました。

普通ならどれだけすごい高い確率の手法も「確率変数の収束」によって50%付近まで収束するはずですが、窓埋めに関しては65%と非常に高い事が分かります。

2021年は窓発生確率は66%なものの窓埋め率は100%

2021年の窓埋め率

そして2021年の分も調べてみました。5分足でチャートで確認しています。

2021年1月4日~8月16日

窓無し:9日
窓が開いた日数:22日
窓が埋まった日数:22日

集計期間が2021年1月4日から8月16日までの33期間です。

窓が開いたのが22日なので確率は66%、3回に2回は窓が開いてますね。そして窓埋めも22日。つまり窓が開けば100%の確率で埋まっています。

ただし、これはあくまでも窓が開いてから閉まった確率であり、比較的小さな窓である事も多く、閉まるまでの時間も全て午前8時以内でした。早いもので6時5分などもあり、ハイローオーストラリアで取引が出来る前に埋まってしまう事もあるためそもそも参戦出来ないパターンもあるという事を覚えておいてください。

ハイローオーストラリアの取引が最短で月曜日7時からとなりますのでそれまでに埋まっていなかった場合は是非取引していきたいですね。

ハイローオーストラリア
公式ページ

バイナリーオプション攻略必勝法「月曜日朝の窓埋めトレード」の手順

窓埋め取引の手順

月曜日の窓埋め手法が効果的な事が分かったので最後に実際に取引を行う場合の手順や、取引すべきタイミングについて解説を行います。

月曜日の窓埋めを行う際の手順

・窓が出来ているか確認する
・午前7時にHIGHLOWスプレッド「1日」で窓埋め方向へエントリーする
・窓が埋まったら「転売」を行い取引を終える

簡単にまとめると、月曜日に窓が出来ているかを確認し、朝7時から取引出来るハイローオーストラリアで窓埋め方向へエントリーするというものです。

最後に窓が埋まったら転売を使い勝ち逃げして終了という流れです。ではそれぞれの項目を具体的に解説していきますね。

ハイローオーストラリア
公式ページ

手順1:窓が出来ているか確認する

窓が出来ているか確認する

まずやるべき事は月曜日を迎えた際に、MT4のチャートに「窓」が出来ているかを確認する事です。窓がなければ月曜日の窓埋めも出来ませんからね。

また、窓の大きさも大事です。小さい窓の時は「窓埋め」が起こらない可能性が高いので見送りましょう。画像の様に大きな窓であれば問題ありません。

その他土日に大きな経済ニュース等がある場合も「窓埋め」が起こらない事がありますので、可能ならば経済ニュースも確認しておきましょう。

手順2:午前7時に窓埋め方向へエントリーを行う

窓埋め方向へエントリーする

窓を確認したら次にハイローオーストラリアで取引を始めましょう。ここで利用するのが「HIGHLOWスプレッド」取引で、1日を選択します。

「HIGHLOWスプレッド」の1日取引を行う

窓埋めを行う時点で大きく為替が動くのでスプレッド取引で問題ありません。ですが、若干窓が小さいなと感じる際は通常の「Highlow」に切り替えましょう。

この辺りは少し感覚が必要なのでデモ取引などでもスプレッドの間隔を掴んでみて下さい。また「1日」を選ぶ理由としては2つあります。

「1日」でエントリーする理由

・窓埋めまでの時間にムラがある為
・「1日」のみ朝7時からエントリー出来る為

今年こそ早朝の内に窓が閉まりますが、基本的に窓埋めまでの時間には1~4時間のムラがあります。そのため1日を選択しています。

また「1日」の取引であれば唯一朝7時からエントリー出来るのでより早く窓埋めエントリーを行う事が出来ます。

取引時間(開始時刻)

15分(AM8:00)
1時間(AM8:00)
1日(7:00am

その他の時間帯では最短でも8時からスタートとなるので、日によっては窓が閉まってしまい取引が出来ない事も考えられるのです。勿体ないですよね。

「1日」を選択したら窓埋め方向へとエントリーを行いましょう。上の画像で言えば「HIGH」ですね。

手順3:窓が埋まったらその場で「転売」を行い終了する

転売を行い決済する

エントリー後無事に窓が埋まったら「転売」を使って取引を終了します。転売を行う為ペイアウト率はその時の為替の変動幅、残り時間によって変わりますが、大体1.50倍程です。

一応、窓埋めの場合、日足で見ても勝てる確率が高いので転売せずにそのまま翌6時まで取引しても良いのですが、一日中チャートを気にしながら過ごすのはストレスになるのであまりオススメはしません。

4時間取引等があれば一番良いのですが、こればかりは仕方ないですね。ですが、転売を行う事でほぼ毎回勝てる可能性があると考えると、1.50倍程度のペイアウト率でも十分すぎると言えますね。

以上が月曜日の窓埋め攻略の手順となります。

まとめ:月曜日早く起きるのが楽しくなる上に稼げるので一石二鳥

最後までご覧頂きありがとうございます。今回はバイナリーオプション、ハイローオーストラリアで使える鉄板手法「月曜日の窓埋め」についてお伝えしました。

金曜日の終値と月曜日の始値が異なる際に出来る空間の事を「窓」と呼び、その開いた空間を埋める様に為替が進むことが「窓埋め」です。

窓埋めが成功する確率は年間を通しても極めて高く、この窓埋めに沿って取引を行う事で高確率で勝てるので、月曜日の朝はこの窓を見つける事が楽しくなりますよね。

ハイローオーストラリアであれば「1日」取引を選択する事で朝7時から取引が出来ますので、どこよりも早く月曜日の窓埋めを使う事が出来ますし、窓が埋まった後は「転売」を行い途中売却する事で安全に離脱する事が出来ますので、是非ご紹介したやり方を試してみて下さいね。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア公式サイト

ペイアウト率2.30倍!利用者数No.1

今なら口座開設後5,000円のキャッシュバック!

業者情報へ公式サイト

ハイローオーストラリア口座開設
ハイローオーストラリア入金方法
ハイローオーストラリア出金方法

※画像タップで記事へ飛べます。

関連記事