ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアの30秒取引攻略にはウィリアムズ%Rが最適

こんにちは真咲です。今回はハイローオーストラリアの30秒取引の攻略法についてお伝えしたいと思います。

ハイローオーストラリアの30秒取引は、最大2.30倍のペイアウト率(ターボスプレッド)で取引が出来る事が特徴で「短時間」×「最高倍率」というトレーダーの理想ともいうべき内容で提供されている、最も人気のある取引となります。

高いペイアウト率なので仮に1勝1敗でも投資額の30%の利益が出る…というのが魅力的ですが、短時間で本当に利益を出し続ける事が出来るのでしょうか。

結論から言うと、適当にやっていてはほぼ確実に負けます。

ですが「負ける理由」と「攻略法」の2点を理解する事で間違いなく30秒取引で利益を増やす事ができます。

この2点についてそれぞれ分かりやすくまとめました。特にこの攻略法は私が現在使っている鉄板手法ですので、是非参考に読み進めて頂ければと思います。

ハイローオーストラリア
公式サイト

ハイローオーストラリアの30秒取引とは

ハイローオーストラリア4種類の取引方法

改めてご紹介しますと、ハイローオーストラリアの30秒取引というのは「Turbo(ターボ)」「Turboスプレッド」にて行える短時間取引の1つです。

30秒で結果が出る上にペイアウト率も高い事から、手軽に取引を行う方も多く初心者~上級者関係なくハイローオーストラリアの中で最も利用されている取引時間帯です。

ちなみにハイローオーストラリアはターボ取引を含め以下4種類の取引方法があります。

長期取引(15分・1時間・1日)
・「HighLow」
・「HighLowスプレッド」

短期取引(30秒・1分・3分・5分)
・「Turbo」
・「Turboスプレッド」

今回ご紹介する短期取引のTurbo(ターボ)取引はすぐに結果が出るので、仕事の合間や家事の合間などの隙間時間に取引をする方が多いですが、手軽に取引できる事からと分析を行わずに取引を行う方が多いのも事実です。

せっかく取引を行うのですから適当な事はしたくないですよね。

30秒取引のペイアウト率について

Turbo30秒、Turboスプレッド30秒のペイアウト率について

ハイローオーストラリアのTurbo30秒取引、及びTurboスプレッド30秒取引のペイアウト率についてお伝えします。

30秒取引のペイアウト率

Turbo:1.90倍~2.00倍
Turboスプレッド:2.25倍~2.30倍

30秒取引では「USD/JPY」等の通貨ペア以外にも、「BTC/USD」等の仮想通貨銘柄が存在し、仮想通貨銘柄が絡んでいるペアは若干ペイアウト率が下げられています。

また「Turbo」限定で「USD/JPY」の通貨ペアは2.00倍と他の通貨ペアよりも0.05倍倍率が引き上げられています。

基本的に通貨ペアはこの「USD/JPY」を選択する事が多いので嬉しい仕様となっています。

負ける理由は「引き分け」と「スプレッド取引」

負ける理由から対策する

それでは本題に入ります。冷静に考えて「短時間なのに何故ペイアウト率が高いか。」理由は簡単で、取引時間が短い事で引分けが起きやすく負けやすいからです。

ハイローオーストラリアでは同値(引き分け)は負け扱いになります。

また最大ペイアウト率であるターボスプレッドにおいては、30秒という短時間につき、指定された値(スプレッド)に届かず負けてしまう事が多いため2.30倍に設定されています。

つまり、為替の動く時間帯を知れば負ける確率をグッと下げる事が可能です。それではこれらの対策法について解説を行っていきます。

引き分け(ドロー)がある事で実は勝率が下げられている

30秒取引では時間が短い事でエントリー時と終了時の値が同じである「引分け」が発生しやすいです。ハイローオーストラリアではこの場合負け扱いとなるので注意しましょう。

2択の取引なので一見勝率50%と思いがちですがこの引分けの存在によって実は目に見えない所で勝率が下がっています。

予想通り  → 勝ち
予想を外す → 負け
引分け   → 負け

この様に負けやすい構図となっています。そのため為替変動の少ない時間帯に30秒取引を行うのは資金を溶かしに行くのと同じです。

為替相場の動きにくい時間帯で30秒取引を行うと10回に1回は引き分けが起こります。つまり、裏を返せば引き分けをなくす事で10%勝率が上がるというにも繋がるため時間帯を選ぶことは非常に重要なポイントとなります。

30秒取引必見!相場が動きやすい時間帯と通貨

30秒取引に適した時間帯をまとめました。為替相場が大きく動きやすい時間帯と通貨を、理由と共に解説しているので見ていきましょう。

3時~4時 シカゴ先物市場の取引清算に合わせ、米ドル(USD)を中心に相場が動きやすい。
8時30分~50分 日本の経済指標発表時間帯。円(JPY)を中心に相場が動きやすい。
9時 東京市場オープン。輸出や輸入企業が9時と同時にマーケットに参加する場合があり、その際は米ドル円(USD,JPY)を中心に相場が動きやすい。
9時55分頃 東京市場で、銀行が当日の仲値を決定する時間で9時50分頃から動きだす。輸出企業の決済が多いと米ドル(USD)売りに、輸入企業の決済が多いと米ドル買いに大きく動きやすい。仲値決定後の9時55分以降も、売買が発生し10時30分頃までは相場が動きやすい。
10時30分 豪州の経済指標発表時間帯。豪ドル(AUD)に絡んだ通貨ペアが動く場合が多い。
夏:16時
冬:17時
ロンドンの朝。日本の仲値決定の様にロンドンで仲値を決める時間。日本の投資信託も絡むことが多く、ユーロやポンド(EUR,GBP)絡みの通貨を中心に相場が動きやすい。
夏:16時〜19時
冬:17時~20時
欧州、英国の経済指標発表時間帯。欧州、英国の経済指標が予想が外れると、ユーロやポンド(EUR,GBP)絡みの通貨を中心に相場が大きく動きやすい。
夏:21時30分~24時
冬:22時30分~25時
米国経済指標発表時間帯。雇用統計やGDP(国内総生産)など米国の主要経済指標はこの時間に発表される。予想が外れると、米ドル(USD)に対して全ての通貨が大きく動くので極めて重要な時間帯。

簡単にまとめると、東京市場で8時30分から10時までの1時間30分、ロンドン市場で16時から19時までの3時間。ニューヨーク市場で21時30分から24時までの3時間30分が相場の動く中心時間帯となります。

また最も動くのは21時30分から24時の間です。欧州の午後とニューヨークの午前が重なり、トレンドが非常に発生しやすいので30秒取引は勿論、全ての取引で狙っていきたい時間たとなります。

冬時間(11月第1日曜日から3月第2日曜日まで)の場合は午後の狙い目時間が1時間後倒しとなります。

ターボスプレッドは罠!ターボを選択すべし

ターボスプレッドは罠

30秒取引において最も負ける理由は「スプレッド取引」にあります。

ターボ、およびハイロー取引では「判定時刻のレートが購入した時点のレートと比べ、上がるか下がるかを予想するだけの取引方法」ですが、スプレッド取引では「購入した時点のレートに±0.20~±2.20のレート幅が付き、そのレートを超えて上がるか下がるかを予想する取引方法」となります。

スプレッド幅についての説明画像

たとえ予想方向に進んで取引を終えたとしても、このレート幅を超えなければ勝ちにはなりません。難易度が上がる分、2.30倍と最大のペイアウト率を誇っています。

ただでさえ30秒取引は時間が短く引き分けが起きやすいというのに、わざわざスプレッドを付けるというのは資金を溶かしに行くのと同じです。

確かにペイアウト率2.30倍は魅力的ですが、目先の欲にとらわれず単純に上がるか下がるかを予想するだけの「ターボ取引」を選択するようにしましょう。

ペイアウト率2.00倍

「ターボ取引」でもペイアウト率は1.95倍(USD/JPYは2.00倍)と、他の業者でもここまで高い倍率は無いので十分すぎる内容です。30秒取引で利益を上げるなら間違いなく「ターボ取引」をオススメします。

ハイローオーストラリア
公式サイト

ターボ30秒取引の攻略法

それではここからはハイローオーストラリアの30秒取引の攻略法についてお伝えします。選択する取引は「Turboスプレッド」ではなく「Turbo」です。

私の鉄板取引手法はテクニカル分析「ウィリアムズ%R」を用いた順張り取引です。見方は非常に簡単で、コツも掴みやすいです。

ちなみに30秒取引に限らず、ハイローオーストラリアを攻略するにはMT4を使います。今からお伝えするウィリアムズも、MT4の中のインジケーターの中にあるのですが、もしまだMT4を落としていないよって方が居ましたら下記記事を参考にダウンロードを行ってください。

ハイローオーストラリアのMT4はズレの少ないXM社で決まり!DL方法や使い方まとめハイローオーストラリアを攻略するために必要なツール「MT4」のダウンロード方法や使い方を解説しています。そしてMT4を使った攻略法もご紹介していますので是非参考にしてください。...

それでは攻略法を見ていきましょう。

線を超えたらエントリー!「ウィリアムズ%R」で順張り

williams%R

MT4のインジケーター「Williams’ Percent Range」というオシレーター系インジケーターを使います。

ウィリアムズ%R

一定期間の最高値と最安値からなる価格変動幅の中で、直近の終値が相対的にどのレベルにあるのかを示したもの。

「0~-100%」の数字で表示され、0%に近いほど高値警戒水準-100%に近いほど下値警戒水準となります。

ウィリアムズ%Rの設定方法

ウィリアムズ%Rの設定方法

MT4左上の「挿入」より「オシレーター」→「Williams’ Percent Range」と進みます。

設定方法はデフォルト設定を使用する

パラメータ設定はデフォルトの「期間:14」「下限設定:-100」「上限設定:0」を使用します。なのでパラメータ設定は触らなくてもOKです。

ウィリアムズ設定完了

設定完了後はこの様に表示されます。基準線の部分は「0」「-20」「-80」「-100」となっているはずです。

ウィリアムズ%Rを使ったエントリータイミング

ウィリアムズの見方

数値が-20%以上で「売り」のサイン、-80%以下が「買い」のサインとなりますが価格の小さな振れに敏感に反応しやすいので、0%近辺なら「LOW」、-100%近辺を「HIGH」と決めつけないようにしてください。ここ本当に重要です!

エントリーするタイミングとしては一度「-20」を超えたものが戻ってくる時と、「-80」を超えたものが戻ってくる時の2通りです。

0%~-20%の水準から下に進む=LOWエントリー
-100%~-80%の水準から上に進む=HIGHエントリー

「-20%や-80%に触れたから取引!」ではなく、それらを抜けた後の戻りを順張りエントリーするようなイメージで、ローソク足も完成時もしくは完成間近が基本です。

実際に取引を行いますのでコツを深めていきましょう。

-20に突入したタイミングでLOWエントリー

ウィリアムズ%Rの値がレンジ外から-20%の値に下抜けてきたためここがエントリーポイントとなります。突き抜けたのを確認したらすぐにエントリーしてください。

そのまま下がり勝利

この様にウィリアムズ%Rに従い綺麗にトレンドに乗る事が出来ます。

-20%を下抜けたので再度エントリー

こちらも同じですね。ウィリアムズ%Rがレンジ外から-20%を下回り突入してきたのでエントリー。エントリー直後に大きく下降しているのが分かりますね。

そのまま下降し勝利

そのまま下降し続け危なげなく勝利することが出来ました。このウィリアムズ%Rを使えばハイローオーストラリアの30秒が難しいという話が嘘のように感じます。

コツさえ掴めばずっと使える手法で、私の鉄板取引方法なので自分に合うと思ったら是非取り入れてみてください。

ウィリアムズ%Rの30秒取引攻略のコツ

30秒取引におけるコツは、エントリータイミングを逃さない事。時間が短い取引でのエントリーロスは避けたいので、「ワンクリック注文」を使う様にしましょう。

30秒取引のコツはワンクリック注文

これでHIGHかLOWを押すだけで注文することが出来ます。文字通りワンクリックで注文できるので誤クリックには注意しましょう。

後は、この手法のントリーポイントを正しく理解する事が一番のコツです。

-20より上がったからと言ってエントリーしてはいけない

ウィリアムズ%Rを使った取引は「-20%を超えた」「-80%を超えた」からエントリーでは無いという事を再度認識しましょう。

「0%~-20%で推移していたウィリアムズ%Rが-20%よりも下へ行った時
「-100%~-80%で推移していたウィリアムズ%Rが-80%よりも上へ行った時

この時がエントリーを行うべきポイントです。

-20%を下回っていないのでエントリーしない

このパターンでも同様に、-20%を超えていますがそこでエントリーしないことです。必ず-20を下抜けるまで待つ事です。

逆のHIGHを狙う場合も同様です。-80%を超えたからエントリーするのではなく、-80%を上抜けるまで待つ事が大事です。

また抜けるタイミングも重要で、なるべくローソク足の完成時が望ましく、それ以外ではローソク足完成までに残り時間が短い時などです。

ついついチャンスだと思いエントリーしたくなりますが、このルールをしっかりと理解する事が攻略のコツですよ!

勝てない時は「エンベロープ」を使ってウィリアムズ%Rを補助しよう

エンベロープを使う事でウィリアムズのダマシが減る

相場の状況によってはウィリアムズ%Rでサインが出てても、エントリー後にまた戻るという事があります。

「0」から「-20」を下抜けたのにエントリー直後にまた「-20」以降に上がってしまう場合等の事です。トレンド相場の時によくありがちなので注意しましょう。

なのでもしウィリアムズ%Rだけで思ったように成果が出ない場合は「envelope(エンベロープ)」を入れてみて下さい。

エンベロープを使えばトレンドが分かる

こちらがエンベロープ導入後のチャートです。エンベロープの範囲外でチャートが推移している時はウィリアムズ%Rも範囲内外に出たり入ったりとチラチラしていますよね。

この時に取引を行うと負ける可能性が高いので、こういった事が続く場合はエンベロープを導入して更にウィリアムズ%Rの精度を高めてみてみましょう。

エンベロープの設定値

エンベロープの設定値について解説します。この設定値は「USD/JPY」用になります。

エンベロープの設定値

期間:20
偏差:0.03

となります。「偏差」については各通貨ペアによって変える必要がありますが、私自身「USD/JPY」の銘柄でしか30秒取引は行わないので他の通貨ペアではこの偏差値は使えない可能性があります。

そしてエンベロープを使う際は「Moving Average(移動平均線)」を合わせて利用しますので表示しましょう。

移動平均線の数値

併せて表示する移動平均線の設定値はこちらです。

移動平均線の設定値

期間:20

エンベロープと同じ期間にします。

これで取引してはいけないタイミングが視覚化されますので、幾分か取引しやすくなると思います。試してみて下さい。

まとめ

最後まで見て頂きありがとうございます。今回はハイローオーストラリアの30秒取引の私の鉄板手法をご紹介しました。

為替相場が動きやすい時間帯にウィリアムズ%Rを使い取引を行うという内容です。コツはハイローオーストラリアのエントリー方法を「ワンタッチ取引」にしておき、サインが出たらタイムロスなくエントリーを掛けていく方法です。

勿論手法も大事ですが私個人的には、「取引を行う時間を予め決めておく」事が大事だと感じています。狙い目は大きく動きやすい16時~24時の間です。お昼の時間は動きが少なく、例えサインが出ても引き分けになるリスクが高まるため、夕方以降に取引する時間を決めておくといいですよ。

デモ取引もありますから、何度かトライしてコツを掴んでくださいね!

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア公式サイト

ペイアウト率2.30倍!利用者数No.1

今なら口座開設後5,000円のキャッシュバック!

業者情報へ公式サイト

ハイローオーストラリア口座開設
ハイローオーストラリア入金方法
ハイローオーストラリア出金方法

※画像タップで記事へ飛べます。

関連記事